【PR】米国高配当株投資の無料メルマガ

オックスフォードインカムレター
≫オックスフォードインカムレター
※無料メルマガ登録で「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」レポート配信中

積立投資 積立投資情報

【徹底解説】少額資金から始める積立投資(つみたてとうし)ガイド

2018年12月19日

【徹底解説】少額資金から始める積立投資(つみたてとうし)ガイド

この記事では、比較的少額な資金(月々100円~10000円程度)で始めることができる「積立投資(つみたてとうし)」の様々なサービスについてわかりやすく解説しています。

投資の基本はもちろん「安値で買って高値で売る」ですよね。

しかし「安値がいつで幾らなのか?」「高値はいつで幾らなのか?」は高度な専門知識や分析力や相場観を持つ専門の投資家の人たちですらなかわからないともいわれています。

ましてや投資経験の浅い投資初心者なら価格の上下変動に動揺してしまってあれこれ迷っている間に、買い時や利益確定そして損切りなどのタイミングを逃してしまい、最終的に大切な投資金や投資意欲を無くして投資から撤退(=退場)となってしまう人さえいます。

うさぴょん
そういえば、株のトレードで価格が急落したとき「まだまだ下がるのでは?」と怖くなって結局買えなかったことがあるよ…
逆に値が上がり続けているときは「ここが天井圏の最高値(さいたかね)かも?」と不安になって買えなかったりもしますよね
かめじろう

また忙しいサラリーマンの方が時間をやりくりして投資に取り組んでも、株価の値動きや評価額に一喜一憂して仕事中も相場が気になってしまい、肝心の本業が疎か(おろそか)になっては本末転倒といえるでしょう。

そんな買い時や売り時を見極めるのが難しい投資初心者の方や普段仕事などが忙しくてじっくり投資に取り組む時間がなかなか取れないサラリーマンの方などにおすすめとされる投資スタイルが「積立投資(つみたてとうし)」なのです。

うさぴょん
なるほど、これならあわてん坊で小心者のボクでもできそうだな
相場の上げ下げに一喜一憂せずにじっくり取り組むことが大切ですよ
かめじろう

積立投資とは?

「積立投資(つみたてとうし)」は毎月決まった額や口数で同じ銘柄を買い付けていき、価格変動リスクを抑える投資法です。特に毎月定額で買い続ける「積立投資(つみたてとうし)」は乱高下する相場に有利といわれています。

一括(集中)投資の場合、買値より上昇していないと利益は出せませんが、価格が変動する銘柄を同じ額だけ買い続ける「ドル・コスト平均法」(後述)による「積立投資(つみたてとうし)」なら、価格が安いときは自動的に多く投資し、高いときは少なく投資することになります。

結果的に下落局面で口数を稼いだ後で相場がある程度まで回復すれば、スタート時の価格まで戻っていなくても利益を出すことが可能となります。

この「積立投資(つみたてとうし)」は稼ぎ時の下落局面でやめてしまっては意味がないので含み損が出ている時期にはあえて口座をチェックしないのが長く続けるコツといわれています。

しかし相場局面によっては(例えば銘柄の価格が長期にわたって下降トレンドが継続し価格が反転しない場合)投資成果が期待できないことがあります。

いうまでもありませんがどのような投資方法にもリスクがありますので自分のリスク許容度を把握することが大切です。

積立投資がおすすめな人のタイプは?

 

どんなタイプの人たちが「積立投資(つみたてとうし)」を始めているのでしょうか?

  • 少額から将来に備えた資産作りを始めたい人
  • 投資を始めてみたいけれど購入のタイミングがわからない人
  • 仕事が忙しくて投資に取り組む時間が取れない人

少額から将来に備えた資産作りを始めたい人

これから将来に備えて資産形成を始めようとする若い世代の方がまとまった投資資金を準備することは難しいでしょう。

月々の給与やボーナスから無理のない範囲で少額から投資できる「積立投資(つみたてとうし)」はまさにこのような世代にピッタリの投資方法といえます。

投資を始めてみたいけれど購入・売却のタイミングがわからない人

チャート分析やファンダメンタルズ(経済・財政状況)分析などの投資に最低限必要な基礎知識や投資経験・相場観など全くない人がいきなり取引を始めてもどのタイミングでエントリーすればわからずやみくもに購入してしまうことになります。

そして価格の急激な変動で大きな含み損がでたりすると冷静な判断ができなくなったり、逆に含み益が出始めた時でもどのように利益確定すればいいのかもわからない場合がほとんどです。

このような方でも「積立投資(つみたてとうし)」によってゆっくりですが確実に資産形成を実施することができます。(もちろん「積立投資(つみたてとうし)」の仕組みや投資商品への最低限の知識やリスクについては学ぶ必要があります)

仕事が忙しくて投資に取り組む時間が取れない人

忙しいサラリーマンの方が時間をやりくりして投資に取り組んでも、銘柄選びや相場分析などは大変な作業となりますし、株価の値動きや評価額に一喜一憂して仕事中も相場が気になってしまい、肝心の本業に集中できなく可能性もあります。

そのような方でも「積立投資(つみたてとうし)」ならば投資にかける時間を大幅に減らして、その分貴重な自由時間を趣味や家族サービスの時間に充てることができるでしょう。

積立投資のおすすめ手法「ドル・コスト平均法」

ドル・コスト平均法の仕組みとは?

「積立投資(つみたてとうし)」は価格が安いときは自動的に多く投資し、価格が高いときには少なく投資することになるため、結果的に平均購入単価を抑えることができます。

このような投資手法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれ、定期的に一定額を購入することで平均購入単価(コスト)が平準化でき、結果的にリスクの低減が期待されます。

図解「ドル・コスト平均法」

上のグラフをご覧ください。仮に3月~5月まで1口1万円の投資信託が表のように3月8000円→4月16000円→5月4000円へ変動したと仮定します。

次に1万円ずつ定額で積み立てた場合(=「ドル・コスト平均法」)と1口ずつ積み立てた場合の平均購入額を計算してみます。

このケースでは1万円ずつ積み立てた場合は1口当たり約6857円で購入でき、1口ずつ積み立てた場合は1口当たり約9333円となり、定額で積み立てた場合(=「ドル・コスト平均法」)の方が低コストで投資信託を購入できたことになります。

このように、定期的に定額で投資商品を買い付ける「ドル・コスト平均法」は短期間の値動きの影響を少なくして基準価格が高いときには少なく、安いときには多く買うことができるので、着実に資産形成を進めることができる有利な投資方法といわれています。

うさぴょん
へー、一見同じようにみえるのに「ドル・コスト平均法」のほうが安く買えるんだなあ
一定額を投資し続けて「基準価格が高いときには少なく、安いときには多く買う」というのがミソですね
かめじろう

ドル・コスト平均法のメリットは?

  • 価格上昇・下落の局面をあまり気にせずにスタートできる
  • 日々の価格変動に一喜一憂する必要が無いので日常忙しい人でも無理なく投資ができる
  • 購入単価を平準化できるので、高値づかみを回避できる

ドル・コスト平均法のデメリットは?

  • 手数料が発生する金融商品では毎月買付コストがかかり、一度に買付をするより割高になる可能性がある
  • 下落が続き、回復の見込みがない銘柄では、損失の先送りになる可能性がある
  • 右肩上がりで長期的に相場が上昇する局面では一括(集中)投資よりもリターン面で不利になるケースがある

ドル・コスト平均法のおさらい

このように一般的に有利な投資方法といわれている「ドル・コスト平均法」ですが、場合によっては「一括(集中)投資」や「手数料」などで不利な面があるともいわれています。

しかし一方で「積立投資(つみたてとうし)」は比較的少額資金でスタートすることができることや価格下落のストレス・相場判断の時間に追われることなどが激減するなどのメリットがあり、着実に資産形成を進めることが可能な投資方法ですので、投資家それぞれの予算・投資スタイル・リスク許容額などを総合的に検討したうえで投資方法を決定することが大切といえます。



次のページへ >

【PR】

スポンサーリンク

人気の全自動型(投資一任型)ロボアドバイザー積立投資サービス比較一覧表

サービス名 ウェルスナビ(WealthNavi) THEO+docomo ワンコイン投資 マネラップ(ON COMPASS) 楽ラップ
初回最少投資額 10万円 1万円 500円 1000円 10万円
自動積立
積立額 月1万円~ 月1万円~ 週500円~ 月1000円~ 月1万円~
投資対象 米国ETF6-7銘柄 米国ETF最大30銘柄以上 米国ETF8銘柄 国内外ETFを運用する投資信託 国内投資信託15本
継続利用で手数料割引 × × ×
運用パターン 5通り 231通り 1通り 8通り 9通り
ポートフォリオの見直し 半年に1回 月に1回 月に1回 3か月に1回 3か月に1回

人気の全自動型(投資一任型)ロボアドバイザー詳細スペック徹底比較

・WealthNavi
WealthNavi

・ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用 ・自動運用だけにとどまらない、高機能なサービス ①リバランス機能付き自動積立(日本初) ②アルゴリズムによる節税機能(日本初) ③リアルタイム入金(ロボアド初)

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
10万円 1万円~ 海外ETF 年率約1.0%(3000万円迄) 3000万円超:0.5% 専用アプリ有 自動税金最適化機能有

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・THEO+docomo
THEO+docomo

・最大30種類以上のETFを組み合わせて231通りの中からユーザーに適したポートフォリオを提案 ・資産運用ニーズを3つに分類「グロース(※株式メイン)インカム(※債券メイン)インフレヘッジ(※商品・不動産)」して、投資家のニーズに併せてポートフォリオの組み合わせ比率を自動で変化させることで独自の分散投資を実施

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
1万円 1万円~ 海外ETF 年率約0.65%~1.00% 専用アプリ有 docomo以外のキャリアを利用中のユーザーも申込可能

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・ワンコイン投資
ワンコイン投資

・LINE Payから引き落としができる ・500円からの少額で積立投資

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
500円(/週) 500円(/週) 海外ETF 年率約1.0%(3000万円迄) 3000万円超:0.5% ※2020年4月30日迄は無料 専用アプリ有 引き落し方法はLINEPayから 毎週引き落し

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・楽ラップ
楽天証券

・フィンテックベンチャーのFinatextと共同開発したロボアドバイザーがユーザーに最適な運用コースを提案 ・コストとリターンのバランスを考慮しながら為替変動リスクのコントロールを実施 (米ドルなどの外貨建て資産の円ベースでの価値の変動の影響を減らすために、為替ヘッジありのファンドを一部活用)

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
10万円 1万円~ 投資信託 実質コスト1%未満 ※市場環境で変動の可能性有 ブラウザ対応 株式市場の値動きが大きい状況が 続いた場合に債券の配分を自動で増やす 「下落ショック軽減機能」選択可

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・マネラップ(ON COMPASS)
MSV LIFE

・マネックス・セゾン・バンガード投資顧問がロボアドバイザーを活用して投資一任運用を行う新しい資産運用・管理(ラップ)サービス ・「積立運用」だけでなく、まとまった資金を少しずつ取り崩しながらお金の寿命を伸ばす「取崩し運用」、「積立ててから取崩す運用」の3つの計画タイプを選択可能

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
1000円以上1000円単位 1000円~ 国内外ETFを運用する投資信託 実質コスト1%未満※市場環境で 変動の可能性有 ブラウザ対応 業界最安水準(※1)のサービス利用料と 少額投資可能(月々1,000円~)

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

ロボアド関連キャンペーン情報

キャンペーン情報 キャンペーン(ウェルスナビ) AI投資キャンペーン情報 AI投資NEWS

2020/6/2

ウェルスナビ(WealthNavi)~最大10万円プレゼント「夏のボーナスキャンペーン」スタート(6/2-6/30)~

かめじろうウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」で、キャンペーン期間中に20万円以上入金したユーザーに、入金額に応じて最大10万円をプレゼントするキャンペーンがスタートしました。 もっと詳しく 目次 キャンペーン内容対象となるユーザーキャンペーン期間特典適応条件現金プレゼント方法 キャンペーン内容 対象となるユーザー 当キャンペーンの対象は「WealthNavi」のユーザーです。 ※提携サービス(WealthNavi for 〇〇)のユーザーは対象外となりま ...

ReadMore

キャンペーン情報 キャンペーン(ウェルスナビ) AI投資キャンペーン情報 AI投資NEWS

2020/5/23

ウェルスナビ(WealthNavi)~最大3万円プレゼント「初夏のプレゼントキャンペーン」実施中(5/1-6/1)~

かめじろうウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」で、キャンペーン期間中に入金した合計金額に応じて、最大3万円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。 もっと詳しく 目次 キャンペーン内容対象となるユーザーキャンペーン期間特典現金プレゼント方法 キャンペーン内容 対象となるユーザー 当キャンペーンの対象は「WealthNavi」のユーザーです。 ※提携サービス(WealthNavi for 〇〇)のユーザーは対象外となります。 キャンペーン期間 2020年5 ...

ReadMore

キャンペーン情報 AI投資キャンペーン情報 キャンペーン(THEO) AI投資NEWS

2020/5/20

新規口座開設で「dポイントプレゼント」キャンペーン実施中('20/5/15-'20/8/31)~「THEO+ docomo」~

かめじろうスマホで始められてAIでお任せ資産運用が可能なロボアドバイザーの「THEO+docomo」で、初めて口座を開設したユーザーにもれなく「dポイント(期間・用途限定)200ポイント」をプレゼントするキャンペーンが始まりました。 キャンペーン詳細 特典:dポイント(期間・用途限定)200ポイント 対象者:キャンペーン期間中に初めて「THEO+ docomo」で新規に口座を開設したユーザー キャンペーン期間:2020年5月15日(金)~2020年8月31日(月) その他詳細はコチラから THEO+doc ...

ReadMore

おすすめ記事

1

近年投資対象として非常に注目されているAI(人工知能)ですが、投資先は日本国内だけではなく海外なかでも「米国」が力強く高成長を続けており、世界中から投資資金が流入しています。 そこでこの記事ではAI関 ...

2

【裏ワザ】iDeCo(イデコ)に全額「定期預金」で利回り30%超の積立投資方法 iDeCo(イデコ)は掛け金の全額を定期預金に預けるだけの運用が可能 あまり知られていませんが、iDeCo(イデコ)では ...

3

【税制面でお得な投資優遇制度】iDeCo(イデコ)とつみたてNISAを比較~違いを徹底解説~ iDeCo(イデコ)とつみたてNISAとは? 最近「NISA」や「iDeCo(イデコ)」、そして2018年 ...

4

iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)とは iDeCoとは、国民年金や厚生年金など加入が義務付けられている公的年金に加えて自主的に加入することができる私的年金として、老後の生活や自分のセカンドライフ ...

5

【徹底解説】少額資金から始める積立投資(つみたてとうし)ガイド この記事では、比較的少額な資金(月々100円~10000円程度)で始めることができる「積立投資(つみたてとうし)」の様々なサービスについ ...

6

AI(人工知能)は投資の世界では証券会社を中心に「株の超高速取引」「株価予想」「売買システム」などで幅広く活用されていますが、最近ではFX(外国為替証拠金取引)でもAIを活用した個人投資家向けのサービ ...

-積立投資, 積立投資情報
-, , , , , , , , ,

© 2020 AI(人工知能)投資どっとコム