AI(人工知能)投資どっとコム

AI(人工知能)を活用した株価予測情報や個人向け投資サービス「ロボアドバイザー」比較情報、AI関連の投資信託・米国株・ETF投資情報など最先端の様々な投資情報を発信中

【PR】

おつり・ポイント投資 積立投資情報

おつり投資のメリット・デメリットを解説【仕組みや手数料等も比較】

最近投資に関するニュースで「おつり投資が投資初心者を中心に広がっている」という話をよく耳にするようになりました。おつり投資とはどのようなサービスなのでしょうか?

[char no="2" char="うさぴょん"]おつりを「チリツモ感覚」で意識せずに投資に回せれば楽で便利だろうけど、実際にどのようにすればいいのかなあ?[/char]

[char no="1" char="かめじろう"]「おつり投資」は一言でいうと、クレジットカードや電子マネーで買い物をした際にその金額の端数を集めて投資口座に移して運用する方法ですよ。[/char]

おつり投資は今話題のフィンテック(金融とITの融合)を活用した最先端の投資スタイルです。

おつり投資サービスを提供している某企業によりますと

【ユーザーの評判】
[char no="3" char="男性"]漫然(まんぜん)と使ってしまいがちの「おつり」を貯めたのだから、もし投資で失敗しても後悔は少ないかなと思いました。[/char]
[char no="4" char="女性"]なんとなく投資は怖い…と考えていましたが、500円玉貯金の感覚でおつりを投資に回すのであれば気軽に始めることができます。[/char]
といった声が多数寄せられており、このような口コミ・評判が広まって投資初心者の方を中心に注目を集めています。

そこで今回はおつり投資に関する様々な疑問「基本的な仕組み、メリットとデメリット、各社サービス比較(月額利用料・手数料)など」をまとめてみました。

最新のおつり投資サービスについてわかりやすく解説していますので、「おつり投資を始めてみようかな」と考えている方はこの記事を是非参考にしてみてください。

買い物をするたびにおつりをチャリンと貯金箱に入れていく感覚で実現できるおつり投資。コツコツ続けていればいつしか侮れない「ヘソクリ」に育ってくれるかもしれませんね。

本記事の内容

・おつり投資解説【基本的な仕組みやメリット・デメリットなど】
・おつり投資サービス会社比較表まとめ【トラノコ・マメタス・THEO+docomo】
・この記事のまとめ



おつり投資解説【基本的な仕組みやメリット・デメリットなど】

おつり投資の基本的な仕組み

おつり投資はクレジットカードや電子マネーで買い物をした際にその金額の端数を集めて運用します。

例えばおつりの計算単位を「500円」に設定して税込150円の缶コーヒーを購入した場合、おつり相当分の350円が投資に回る(投資用口座に移る)ことになります。

カード会社からの引き落とし額は150円のままで、一か月単位でおつりの合計を集計して投資口座に移す仕組みです。

おつり投資サービス提供会社によりますと、「500円」の設定では「結果的に毎月約6000円から8000円を投資しているユーザーが多い」とのことです。

これは1年で約10万円20年間では約200万円を無意識のうちに投資できる計算になります。もしおつりの単位を「1000円」にすれば投資に回る額はさらに増えますが、始める前は家計の状況を把握したうえで無理のない範囲でコツコツと長く続けていくことがポイントとなります。

おつり投資のメリットとデメリットは?

従来からある投資投資方法とは違って、「おつり投資」は最新のフィンテック(金融×IT)を活用していますので、先進的かつ便利でお手軽な投資スタイルですが、メリットばかりではなくもちろんデメリットも存在します。

ここではおつり投資を始めるときに事前に知っておくべき点や注意すべき点などをメリット・デメリットの形でまとめてみました。

おつり投資のメリット

  • ほとんど元手がかからず(~1万円)貯金感覚で投資をスタートできる
  • 最新のサービスなのでスマートフォンのアプリ上で簡単に設定・管理可能
  • 全部お任せでできて手間がかからない(AI(人工知能)を活用したロボアドバイザーや投資の専門家(ファンドマネージャー)が運用)

おつり投資のデメリット

  • ※月額利用料、手数料などが発生する
  • ※おつりとして移した資金は投資信託などで運用しているため、すぐに換金や出金ができない(数日程度必要)
  • ※クレジットカードや電子マネー、家計簿アプリなどの利用や連携が必要になる

※いずれもサービス会社によって異なりますので事前に確認してください

特にデメリットの点はおつり投資サービス会社によって金額やルールが異なりますので事前に確認することが大切です。

[char no="2" char="うさぴょん"]急にお金が必要になったからといっておつり投資の資金はすぐにはおろせないんだ。[/char]

[char no="1" char="かめじろう"]そうなんですよ。投資信託などで運用中のお金なので「おつり感覚」といっても銀行口座や貯金箱のように必要になったからといってすぐに出金したりはできません。そのあたりもよく考えて余裕資金で始めることが必要ですね。[/char]

メリット・デメリットを十分に理解したうえで「おつり投資」を利用すれば、従来の投資にあるような手間や複雑さなどは最新のフィンテック(金融×IT)におまかせしながら、小額から投資にチャレンジすることが可能になる素晴らしいサービスであることは間違いありません。

【ユーザーの評判】
[char no="4" char="女性"]おつり投資を始めてから、株価や為替などの経済ニュースも興味を持ってみるようになってきました。[/char]

[char no="1" char="かめじろう"]おつり投資のおかげで経済情勢に詳しくなって、商談や会議など仕事の場に活かせたり、家計の支出をこまめにチェックするようになって節約できたりなど、始めたころは考えてもみなかったプラスの効果が出てきたユーザーさんも中にはいるようですよ。[/char]

[char no="2" char="うさぴょん"]おつり投資で株や投資信託の値動きに慣れてから本格的な投資にチャレンジするのもありだよね。[/char]



おつり投資サービス会社比較表まとめ【トラノコ・マメタス・THEO+docomo】

2018年12月現在、利用できるおつり投資サービスは3種類です。
いずれもAI(人工知能)が投資先を自動的に選ぶロボアドバイザーやバランス型の投資信託で投資の専門家(ファンドマネージャー)が運用します。
ロボアドバイザーでの積立には通常毎月1万円以上といった最低投資金額がありますが、THEO+docomoならおつり投資だけでロボアドバイザーが利用できます。
話題のAI(人工知能)の投資スタイルをお手軽な金額で試す目的でサービスを利用する人もいるようです。

「おつり投資」サービス比較一覧表

トラノコ マメタス THEO+docomo
おつりの対象となる支払い クレジットカード、電子マネー クレジットカード、電子マネー dカード
設定できるおつりの単位 100円、500円、1000円 100円、500円、1000円 100円、500円
必要な家計簿アプリ マネーフォワード、Zaim Moneytree (マネーフォワードと連携は可)
最低投資金額 5円 1万円 1万円
月額利用料 300円(税込み) なし なし
運用報酬(年率・税別) 0.3% 1% 1%
その他手数料 0.1%
毎月受け取れるポイント 20ポイント(nanaco)、5マイル(ANA)などから選択 なし 投資金額残高1万円あたり最大1.5ポイント(dポイント)
運用 3種類の投資信託から選択 ロボアドバイザー(ポートフォリオは5通り) ロボアドバイザー(ポートフォリオは331通り)
特徴 5円以上1円刻みで投資可能 国内ロボアド利用者数NO.1のウェルスナビが提供 家計簿アプリ不要なので設定が楽

いかがでしたか?各社特色のあるサービスを提供していますので気になる「おつり投資」サービス会社があれば下記リンクから詳細を確認してみてください。

トラノコ

マメタス

THEO+ docomo

その他よくある質問

[char no="2" char="うさぴょん"]これら3つのサービスでは個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))やNISAの取り扱いはあるのかなあ?それと確定申告は必要なの?[/char]

[char no="1" char="かめじろう"]「おつり投資」は現時点で個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))やNISAには対応していません。あと登録時に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば基本的に確定申告の必要はありませんよ。(サービス会社側で源泉徴収を行ってくれます)[/char]



まとめ:おつり投資のメリット・デリットを十分理解した上で最先端の投資サービスを利用しましょう

最後に「おつり投資」に関する記事のポイントをまとめます。

まとめ

  • 「おつり投資」はクレジットカードや電子マネーで買い物をした際に、その金額の端数を集めて投資口座に移して運用する新しい投資スタイルです
  • 少額から始めることができて全部お任せでできることが大きなメリットですが、その一方で手数料がかかったりすぐに出金できないなどのデメリットもあります
  • 各社から最新のフィンテック(金融×IT)を活用したサービスが登場しているので特徴をよく比較・検討してから始めることが大切になってきます

最後に

おつり投資をきっかけにロボアドバイザー投資に興味を持たれた方は下記記事でロボアドバイザー積立投資について詳しく解説していますのでよければ下記リンクからご覧ください。

[keni-linkcard url="https://ai-toushi.com/?p=1914"]

【PR】

スポンサーリンク

人気の全自動型(投資一任型)ロボアドバイザー積立投資サービス比較一覧表

サービス名 ウェルスナビ(WealthNavi) THEO ワンコイン投資 マネラップ(MSV LIFE) 楽ラップ
初回最少投資額 10万円 1万円 500円 1000円 10万円
自動積立
積立額 月1万円~ 月1万円~ 週500円~ 月1000円~ 月1万円~
投資対象 米国ETF6-7銘柄 米国ETF最大30銘柄以上 米国ETF8銘柄 国内外ETFを運用する投資信託 国内投資信託15本
継続利用で手数料割引 × × ×
運用パターン 5通り 231通り 1通り 8通り 9通り
ポートフォリオの見直し 半年に1回 月に1回 月に1回 3か月に1回 3か月に1回

人気の全自動型(投資一任型)ロボアドバイザー詳細スペック徹底比較

・WealthNavi
WealthNavi

・ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用
・自動運用だけにとどまらない、高機能なサービス
①リバランス機能付き自動積立(日本初)
②アルゴリズムによる節税機能(日本初)
③リアルタイム入金(ロボアド初)

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
10万円 1万円~ 海外ETF 年率約1.0%(3000万円迄) 3000万円超:0.5% 専用アプリ有 自動税金最適化機能有

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・THEO
THEO

・最大30種類以上のETFを組み合わせて231通りの中からユーザーに適したポートフォリオを提案
・資産運用ニーズを3つに分類「グロース(※株式メイン)インカム(※債券メイン)インフレヘッジ(※商品・不動産)」して、投資家のニーズに併せてポートフォリオの組み合わせ比率を自動で変化させることで独自の分散投資を実施

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
1万円 1万円~ 海外ETF 年率約1.0%(3000万円迄) 3000万円超:0.5% 専用アプリ有 dカードを活用した「dポイント付与」や 「おつり積立」などNTTドコモとコラボした 新サービス有 THEO+ docomo

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・ワンコイン投資
ワンコイン投資

・LINE Payから引き落としができる
・500円からの少額で積立投資

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
500円(/週) 500円(/週) 海外ETF 年率約1.0%(3000万円迄) 3000万円超:0.5% ※2020年4月30日迄は無料 専用アプリ有 引き落し方法はLINEPayから 毎週引き落し

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・楽ラップ
楽天証券

・フィンテックベンチャーのFinatextと共同開発したロボアドバイザーがユーザーに最適な運用コースを提案
・コストとリターンのバランスを考慮しながら為替変動リスクのコントロールを実施
米ドルなどの外貨建て資産の円ベースでの価値の変動の影響を減らすために、為替ヘッジありのファンドを一部活用)

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
10万円 1万円~ 投資信託 実質コスト1%未満 ※市場環境で変動の可能性有 ブラウザ対応 株式市場の値動きが大きい状況が 続いた場合に債券の配分を自動で増やす 「下落ショック軽減機能」選択可

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

・マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・マネックス・セゾン・バンガード投資顧問がロボアドバイザーを活用して投資一任運用を行う新しい資産運用・管理(ラップ)サービス
・「積立運用」だけでなく、まとまった資金を少しずつ取り崩しながらお金の寿命を伸ばす「取崩し運用」、「積立ててから取崩す運用」の3つの計画タイプを選択可能

最低投資金額(開始時) 自動積立金額 投資対象 運用コスト スマホ対応 その他
1000円以上1000円単位 1000円~ 国内外ETFを運用する投資信託 実質コスト1%未満※市場環境で 変動の可能性有 ブラウザ対応 業界最安水準(※1)のサービス利用料と 少額投資可能(月々1,000円~)

>キャンペーン情報をみる

もっと詳しく見る

現在実施中のロボアド関連キャンペーン情報

AI投資キャンペーン情報 キャンペーン(ワンコイン投資) キャンペーン情報 AI投資NEWS

2020/2/13

「ワンコイン投資・運用手数料無料キャンペーン」実施中('19/4/25-'20/4/30)~「LINEスマート投資」~

かめじろう「LINEスマート投資」の500円から積立投資ができる・ワンコイン投資では通常預かり資産に対して1%かかる手数料が無料になる「ワンコイン投資・運用手数料無料キャンペーン」を実施中です もっと詳しく 目次 ワンコイン投資・運用手数料無料キャンペーン内容特典実施期間対象条件 ワンコイン投資・運用手数料無料キャンペーン内容 特典 ワンコイン投資でかかる運用手数料(運用資産の時価評価額の年率1.00%(税別))が期間内は「無料」 実施期間 2019年4月25日~2020年4月30日 対象条件 期間内に口 ...

ReadMore

AI投資キャンペーン情報 キャンペーン情報 キャンペーン(THEO) AI投資NEWS

2020/2/13

最大5,000円をプレゼント「THEO 積立応援プログラム」実施中~「THEO(テオ)」~

かめじろうAIでお任せ資産運用が可能なロボアドバイザーのTHEO(テオ)が、初めてTHEO積立を設定した方に、積立額に応じて最大5,000円プレゼントする「THEO 積立応援プログラム」を実施中です。 もっと詳しく 積立応援プログラム内容 プログラム特典の流れ step1THEOに新規ユーザー登録(無料)+口座開設(既にお済みの方はログイン)し、積立設定画面から毎月の積立を設定します。 step23ヵ月連続で自動積立を行う。(1回目は新規の積立) step33ヶ月連続で積立した後、約2ヶ月後にTHEO口座 ...

ReadMore

AI投資キャンペーン情報 キャンペーン情報 キャンペーン(ウェルスナビ) AI投資NEWS

2020/2/13

ウェルスナビ(WealthNavi)~最大5万円プレゼント「春のプレゼントキャンペーン」スタート(2/1-3/31)~

かめじろうウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」で、20万円以上を入金したユーザーに、入金額に応じて最大5万円をプレゼントするキャンペーンが新たにスタートしました。 もっと詳しく 目次 キャンペーン内容対象となるユーザーキャンペーン期間特典現金プレゼント方法 キャンペーン内容 対象となるユーザー 当キャンペーンにエントリーを行い、20万円以上の入金を行ったユーザー キャンペーン期間 2020年2月1日(土)~2020年3月31日(火) 特典 キャンペーン期間 ...

ReadMore

おすすめ記事

1

近年投資対象として非常に注目されているAI(人工知能)ですが、投資先は日本国内だけではなく海外なかでも「米国」が力強く高成長を続けており、世界中から投資資金が流入しています。 そこでこの記事ではAI関 ...

2

【裏ワザ】iDeCo(イデコ)に全額「定期預金」で利回り30%超の積立投資方法 iDeCo(イデコ)は掛け金の全額を定期預金に預けるだけの運用が可能 あまり知られていませんが、iDeCo(イデコ)では ...

3

【税制面でお得な投資優遇制度】iDeCo(イデコ)とつみたてNISAを比較~違いを徹底解説~ iDeCo(イデコ)とつみたてNISAとは? 最近「NISA」や「iDeCo(イデコ)」、そして2018年 ...

4

iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)とは iDeCoとは、国民年金や厚生年金など加入が義務付けられている公的年金に加えて自主的に加入することができる私的年金として、老後の生活や自分のセカンドライフ ...

5

【徹底解説】少額資金から始める積立投資(つみたてとうし)ガイド この記事では、比較的少額な資金(月々100円~10000円程度)で始めることができる「積立投資(つみたてとうし)」の様々なサービスについ ...

-おつり・ポイント投資, 積立投資情報
-, , , , , , , , ,

Copyright© AI(人工知能)投資どっとコム , 2020 All Rights Reserved.