AI投資について
AI(人工知能)とは?

人工知能(じんこうちのう、artificial intelligence、AI)とは、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術を指す。(Feペディアより)
AIは、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる新技術の登場により、様々な分野で活用が進んでいますが、近年の急速な進歩により、AIを使った個人向け投資サービスが注目を集め始めています。
ヘッジファンドなどプロの世界ではすでにAIを用いた投資はかなり浸透していますが、この流れが個人向けのサービスにも及んできました。
投資の世界でもAIの存在感は一段と高まってきているのです。


[s_ad]


AI(人工知能)が投資に適している理由

AIは投資行動においても自ら学習を繰り返し、日を追うごとに新たなデータを交えて再検証を行い、過去のデータから最適なパターンを超高速で導き出して運用判断することができます。
しかし人間が投資をすると、例えば株価下落時の心理的負担に耐えられずに当初決めたルールを破ってパニック売りをしてしまったりしがちですが、AIを使った自動運用にはこうした感情に基づいた心理的なパニック行動のようなものはせずに目の前に起こった状況に対していわゆるビッグデータを解析し確率や期待値を予測して当初に設定したルールに従って黙々と最適な投資活動(売買)をするだけです。
またネット上には様々な株価に影響するような情報が日々溢れていますが、AIはそれらを独自に取得・分析をして投資判断や投資アドバイスすることが可能になっています。
このような様々な利点からAIは「株の超高速取引」「株価予想」「売買システム」などで活用され始めており、近い将来はAIにファンドマネージャーが代替されていく世界が来るとさえいわれているのです。