AI関連「米国株」とAI運用型「米国株ETF」投資徹底解説
少額資金から始める積立投資(つみたてとうし)ガイド(グループサイト)
ロボアドバイザーランキング
今日のAI株価予測記事(モーニングサテライト)
週間AI株価予測(日経モーニングプラス)

AI投資について

AI(人工知能)とは?

人工知能(じんこうちのう、artificial intelligence、AI)とは、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術を指す。(Feペディアより)
AIは、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる新技術の登場により、様々な分野で活用が進んでいますが、近年の急速な進歩により、AIを使った個人向け投資サービスが注目を集め始めています。
ヘッジファンドなどプロの世界ではすでにAIを用いた投資はかなり浸透していますが、この流れが個人向けのサービスにも及んできました。
投資の世界でもAIの存在感は一段と高まってきているのです。

AI(人工知能)が投資に適している理由

AIは投資行動においても自ら学習を繰り返し、日を追うごとに新たなデータを交えて再検証を行い、過去のデータから最適なパターンを超高速で導き出して運用判断することができます。
しかし人間が投資をすると、例えば株価下落時の心理的負担に耐えられずに当初決めたルールを破ってパニック売りをしてしまったりしがちですが、AIを使った自動運用にはこうした感情に基づいた心理的なパニック行動のようなものはせずに目の前に起こった状況に対していわゆるビッグデータを解析し確率や期待値を予測して当初に設定したルールに従って黙々と最適な投資活動(売買)をするだけです。
またネット上には様々な株価に影響するような情報が日々溢れていますが、AIはそれらを独自に取得・分析をして投資判断や投資アドバイスすることが可能になっています。
このような様々な利点からAIは「株の超高速取引」「株価予想」「売買システム」などで活用され始めており、近い将来はAIにファンドマネージャーが代替されていく世界が来るとさえいわれているのです。

最新記事

急速に進化し始めた「AI投資」と「ロボアドバイザー」

POINT2

AI関連「米国株」とAI運用型「米国株ETF」投資徹底解説

近年投資対象として非常に注目されているAI(人工知能)ですが、投資先は日本国内だけではなく海外なかでも「米国」が力強く高成長を続けており、世界中から投資資金が流入しています。そこでここではAI関連の「米国株」並びにAIが運用する「米国株ETF」とそれらへの投資方法を紹介します。

詳細を見る

POINT3

iDeCo専用ロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」

iDeCoで初めての資産運用を行う投資初心者の方向けへのiDeCo専用のロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」(マネックス証券)。「投資の経験が無い」「投資信託などの金融商品に関する知識が無い」といったユーザでも、「iDeCoポートフォリオ診断」を使えば6つの簡単な質問...

詳細を見る

POINT4

AI関連投資信託とAI活用投資信託

生活のあらゆるシーンでAI(人工知能)が活用されるようになり、投資対象としても注目されています。そこでAIを開発している企業や、AIを活用している企業に投資している「AI関連投資信託」とAIを投資・運用に活用している「AI活用投資信託」を併せて紹介します。

詳細を見る

ロボアドバイザー投資とは?

ロボアドバイザー投資、中でも一般的な投資一任型のロボアドバイザー投資とは、個人投資家の資産運用において最適な資産配分はもちろんのこと金融商品の選定、売買、資産構成の見直し(リバランス)などに至るまで、AI(人工知能)・FinTech(金融テクノロジー)を最大限に活用して自動で行ってくれる最新の資産運用サービスのことです。

ロボアドバイザー投資は投資家一人一人の年令・収入や投資スタンスなど様々なデータを基に個人に合った最適な金融商品の組み合わせ(ポートフォリオ)を提案してくれます。更には世界中のマーケット動向を調査・分析し、今後の経済見通しを推測して資産配分割合を適切に見直し(リバランス)して運用をトータルサポートしてくれますので、投資の手間がほぼ無くロボアドバイザーにお任せで資産運用が可能になります。

また、投資において損失に対する恐れや焦りなどに左右されて合理的な行動がとれない「心理的な壁」は、資産運用に失敗する大きな要因のひとつといわれていますが、資産運用を自動化するロボアドバイザーを活用することで、心理的な壁に邪魔されることなく、適切な資産配分の維持や積立投資の継続といった合理的な資産運用することが可能になることがロボアドバイザーの最大のメリットとなります。

現在、そうした”完全おまかせ型”の商品としては、証券会社や銀行のラップ口座がありますが、最低投資金額が300万円以上で利用時の手数料が投資金額の2~3%であることから、いわゆる富裕層向けのサービスがメインとなります。

一方でロボアドバイザー投資には、最低投資金額1万円~、手数料1%以下で利用できるものが次々と登場しており、手軽に低コストで最新の金融テクノロジーを利用できることが大きな魅力となっています。

このように投資一任型のロボアドバイザー投資は、投資にかける「時間と手間をほぼゼロ」にできますし、比較的低コストで最新テクノロジーのAI(人工知能)を利用できることから、投資を始めたいけれどどんな金融商品を選べばいいのかよくわからない「投資初心者」の方や投資経験・知識が豊富でも仕事などで「忙しくて投資にかける時間がなかなかとれない」方向けの最先端の投資スタイルとして今注目を浴びているサービスなのです。

【人気の「ロボアドバイザー」投資サービス】

WealthNavi
WealthNavi

MSV LIFE
MSV LIFE

THEO
THEO

楽ラップ

ロボアドバイザー実践レポートへ

おすすめの全自動型(投資一任型)ロボアドバイザー比較

ウェルスナビ(WealthNavi)

ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用を行う高機能ロボアドバイザー

≪提供会社≫
≪ウェルスナビ株式会社≫
評価
投資対象
海外ETF
最低投資額
10万円

THEO(テオ)

THEOは、テクノロジーを活用することで、誰もが、時間や手間をかけることなく、合理的な資産運用を行うことができるサービス

≪提供会社≫
≪株式会社お金のデザイン≫
評価
投資対象
海外ETF
最低投資額
1万円

楽ラップ

日々刻々と変化する投資環境に応じ、米国最大級の資産運用会社であるSSGA社のアドバイスを受け楽天証券が機動的な資産配分のコントロールを実施

≪提供会社≫
≪楽天証券≫
評価
投資対象
投資信託
最低投資額
10万円
One Tap BUY 口座開設プロモーション
おすすめ記事 最近の記事

最新AI株価予測記事

  1. 今日のAI株価予測(モーニングサテライト「テレビ東京」)2018年11月16日放…
  2. 今日のAI株価予測(モーニングサテライト「テレビ東京」)2018年11月15日放…
  3. 【AIレポート11月】世界の相場は一進一退(マネックス証券)
  4. 今日のAI株価予測(モーニングサテライト「テレビ東京」)2018年11月14日放…
  5. 今日のAI株価予測(モーニングサテライト「テレビ東京」)2018年11月13日放…

よく読まれている記事

アドバイス型ロボアドランキング

インヴァストカード(積立投資「マネーハッチ」)

インヴァストカード

AI技術を応用した本格派EA(MT4の自動売買プログラム)

QuantX[クオンテックス]

ピックアップ記事

  1. AI投資NEWS

  2. AI投資情報

  3. 積立投資情報

  4. AI投資情報

  5. AI投資情報

PAGE TOP