【PR】米国高配当株投資の無料メルマガ

オックスフォードインカムレター
≫オックスフォードインカムレター
※無料メルマガ登録で「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」レポート配信中

クラウドファンディング FinTech(フィンテック)情報

個人で中小企業に「貸し付け型ファンド」で年100万円リターンも(AERA)

『AERA』2017年10月9日増大号「老後に備える投資入門」特集の少額投資のコーナーで、魅力的な利回りが期待できるソーシャルレンディング(クラウドファンディング)について解説記事が掲載されましたので紹介します。


クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは「こんなモノやサービスを作りたい、発信したい」「世の中の問題をこんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ「起業家・ベンチャー企業・クリエイターなど」(=起案者)が専用のインターネットサイトを通じて世の中に呼びかけ、「その呼びかけに共感・賛同した人」(=出資者)から広く資金を集めるビジネスモデルのことです。


老後資金や子どもの教育資金――。お金の悩みは尽きない。マイナス金利の今、貯金だけじゃダメだと分かっているけど……。金融商品に下手に手を出して金融機関の言いなりになって損をすることも。AERA 10月9日号では「資産運用」を大特集。こんな時代だからこそ、本当の投資を教えます。

老後不安もあるしお金は殖やしたい。でも投資は腰が引ける。そんな人におすすめなのが、少額投資だ。初心者でも元手がなくても、「怖くない投資」は結構あるんです。

*  *  *
貯金してもスズメの涙ほどの金利しかもらえない日本で、10%以上の・金利収入・が得られるサービスがあるのをご存じだろうか。お金を貸したいという個人のお金を束ねて、中小企業や海外企業などに貸し付ける「ソーシャルレンディング」だ。

「株やFXよりも低リスクな金融商品として昨年は資金流入額が1.7倍に増加。今年は1千億円に迫る勢いです」

こう話すのはソーシャルレンディングに特化したポータルサイトを運営するクラウドポート社長の藤田雄一郎さんだ。

現在、国内では20社以上のソーシャルレンディング事業者がさまざまな「貸し付け型ファンド」を募集中。一例を挙げると、現在募集中のメガソーラーファンドは運用期間6カ月で、想定利回りは12%という高さだ。

「太陽光発電所を建設する場合には、日当たりのよい土地の取得が不可欠ですが、地方の山奥の土地などは担保価値があまりなく、銀行の融資が下りにくい。そこでソーシャルレンディングで土地の取得費用を集めて建設。発電所が稼働した後に、投資家に売却して投資資金を回収するため償還期間が6カ月と短いのです」(藤田さん)

このほかにもクラウドクレジットという事業者は想定利回り10.8%で「ペルー小口債務者支援プロジェクト」なるファンドを運用中。ペルーの個人向け債権を安く買い取るための資金を貸し付け、現地のサービサー(債権回収会社)の回収額からリターンを生み出すファンドだ。

●利回りは年々上昇

一見、ハイリスクな商品に見えるが、「これまで数千本のファンドをウォッチしているが、デフォルトしたファンドはゼロ」(同)。その安全性に目をつけて、ソーシャルレンディングで資産の大半を運用する人も現れている。

「リーマン・ショックで数千万円の資産を溶かして、自分は投資に向いていないと思った」と話す中田健介さんもそんな投資家の一人。現在100本近くのファンドに投資し、年間7.2%の金利収入を得ているという。昨年のリターンは約100万円。運用のコツは

株などと同様に「分散すること」。

「新興の事業者が多いため、商品そのものよりも事業者が継続的にファンドを運用できなくなるリスクもある。実際、デフォルトしなくても、金利の支払い遅延が発生するケースもある。そのためのリスク分散が必要」(中田さん)

リスクを抑えた投資志向の人向けに中田さんが勧めるのは不動産担保付きファンドだ。9月28日に上場したロードスターキャピタルなどが運用しており、想定利回りは5%程度だが、文字通り担保付きのため低リスク。

なお、ソーシャルレンディング全体の利回りは年々上昇傾向にある。

「2015年度の平均利回りは6.9%でしたが、16年度は8.2%に上昇している」(藤田さん)
という。背景にあるのは、参入業者の増加。顧客獲得のために、高めの利回りを設定するファンドが増えているのだ。今後も利回り上昇が続くとなれば、ポートフォリオに組み込むのも手か。

(AERA)


記事中のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービス



OwnersBook


主なクラウドファンディング(ソーシャルレンディングサービス)一覧表

サービス業者 投資対象 最小出資額 タイプ
ラッキーバンク  不動産特化型  4万円  融資型
maneo 不動産、中小企業など  1万円  融資型
SBIソーシャルレンディング  不動産、中小企業など 5万円  融資型
みんなのクレジット  不動産、中小企業など 10万円  融資
OwnersBook 不動産特化型  1万円  融資型
クラウドバンク 新興国、不動産、中小企業支援、
代替エネルギーなど
 1万円  融資型
トラストレンディング  不動産、中小企業など  10万円  融資型
クラウドクレジット  海外事業他  1万円  ファンド型
FUNDINNO(ファンディーノ)  中小・ベンチャー企業  プロジェクト毎設定  株式投資型
A-port(エーポート)  音楽、アニメ、映画、スポーツ他  1000円  購入型

 

【PR】PayPay証券

One Tap BUY
≫PayPay証券
※1,000円から少額で人気米国株を購入可能

おすすめ記事

1

近年投資対象として非常に注目されているAI(人工知能)ですが、投資先は日本国内だけではなく海外なかでも「米国」が力強く高成長を続けており、世界中から投資資金が流入しています。 女性そこでこの記事ではA ...

2

AI(人工知能)の個人投資家向けサービス「ロボアド投資」とは? AI(人工知能)の個人投資家向けサービス「ロボアド投資」 AI(人工知能)を用いた投資の流れは急速に個人投資家向けのサービスにも及んでき ...

3

【裏ワザ】iDeCo(イデコ)で利回り30%超の積立投資方法とは? iDeCo(イデコ)は掛け金の全額を定期預金に預けるだけの運用が可能 あまり知られていませんが、iDeCo(イデコ)では掛け金の全額 ...

4

iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)とは? iDeCoとは、国民年金や厚生年金など加入が義務付けられている公的年金に加えて自主的に加入することができる私的年金として、老後の生活や自分のセカンドライ ...

5

  FX(外国為替証拠金取引)でもAIを活用した個人投資家向けのサービスが続々登場 AI(人工知能)は投資の世界では証券会社を中心に「株の超高速取引」「株価予想」「売買システム」などで幅広く ...

6

AI投資サービス比較まとめ AI株価予測サービス一覧 個人投資家向けのAI(人工知能)による株価予測サービス比較一覧表です。 AI株価予測証券(金融)会社特徴 ≫AI株式ポートフォリオ診断SMBC日興 ...

-クラウドファンディング, FinTech(フィンテック)情報
-, , , , , , , , ,

© 2021 AI(人工知能)投資どっとコム