ロボアド投資実践レポート

(2017.12.13(「マネラップ(MSV LIFE)」)投資一任運用型(全自動運用型)4大ロボアドバイザー実績&使用感レポート

インヴァストカード
マネックスアドバイザー

当サイトで投資一任運用型(全自動運用型)ロボアドバイザーとして紹介している4大ロボアドバイザーのサービス利用を始めました。

・「 ウェルスナビ(WealthNavi)」
・「 マネラップ(MSV LIFE)」
・「THEO(テオ)」
・「楽ラップ」

そこでそれぞれのロボアドバイザーを実際に利用して「運用実績」「使用感・操作性」「特長」「メリット&デメリット」など色々気づいた点を比較・検証して随時レポートしています。 

尚、運用開始時の各ロボアドバイザーの設定は以下の通りです。

 開始金額自動積立リスク許容度(概ねミドルリスク&ミドルリターンに設定)
ウェルスナビ(WealthNavi)10万円自動積立しない3(最大5)
マネラップ(MSV LIFE)10万円自動積立しないLEVEL5(最大LEVEL8)
THEO(テオ)10万円自動積立しない「THEOにおまかせ」モード(値上がり益重視)
楽ラップ10万円自動積立しない3(最大5)

4つのロボアドバイザー全体の運用方針としては
・開始金額10万円、リスク許容度をミドルリスクに概ね統一する
「 ウェルスナビ(WealthNavi)」と「 マネラップ(MSV LIFE)」は積立投資を実施、「THEO(テオ)」と「楽ラップ」は一括投資のみで積立投資は行わない
「全て積立投資は行わない」に変更します。
(変更理由※1.同じ条件で4つの全自動型ロボアドバイザー投資を比較するため)
(変更理由※2.ロボアドの積立投資は助言型(アドバイス型)ロボアドバイサーの「投信工房」、「マネックスアドバイザー」などを別途比較・検証する予定)

以上のように様々なロボアドバイザーを運用することで、それぞれの「ロボアドバイザーの運用成績(利回り)」を比較していくのと同時に、4つの異なるロボアドバイザーを並行して活用することで「全自動型ロボアドバイザー・ポートフォリオ」なるものを組んでみることにしました。


●投資一任運用型(全自動運用型)4大ロボアドバイザー実績&使用感レポート(2017.12.13「マネラップ(MSV LIFE)」)

≪マネラップ(MSV LIFE)の口座開設~運用方針決定までの手順~運用開始≫

ほぼ同時に各ロボアドバイザーの口座開設手続きを開始して、ようやく「マネラップ(MSV LIFE)」の運用がスタートしましたので、こちらのロボアドバイザーのレポートを始めます。
「マネラップ(MSV LIFE)」はマネックス証券の口座を既に開設済みでしたので、マネラップ(MSV LIFE)の資産計画を策定して運用予定金額(10万円※最低投資金額は1000円から)をマネックス証券総合取引口座にクイック入金すれば運用準備完了となりますが、運用開始は投資一任契約を締結した月の翌月11日(今回の場合11月締結→12月11日運用開始)となります。

≪運用プランの設定≫

「マネラップ(MSV LIFE)」の運用プランの設定は、

・資産計画の策定

・運用コース提案~検討~申込

・お任せ運用開始

となっていて他のロボアドバイザーと同様に3ステップ程度でロボアド投資を始めることができます。

≪資産計画の策定画面≫

≪リスク許容度の測定≫

≪続き≫

≪資産計画のシミュレーション(※毎月1万円積立予定のもの)≫

≪運用戦略の状況(※毎月1万円積立予定のもの)≫

≪組み入れ上位10銘柄(※毎月1万円積立予定のもの)≫

15年後「期待を大きく上回る」「期待通り」「期待以下」「期待を大きく下回る」の4つのシミュレーションが提示されています。

運用戦略(リスク積極度)は「LEVEL5」(最大LEVEL8)で「リスクを慎重に取りつつ、相応のリターンの獲得を目指します。」に設定しています。

また「マネラップ(MSV LIFE)」から提案されたポートフォリオは「国内外株式:44%、国内外債券:48%、REIT(リート):6%、現金等:2%」となっています。(どの全自動型ロボアドバイザーにも数パーセントの現金がポートフォリオに組まれているのは「運用費用の支払いや資産配分変更の効率化のための待機資金として保有」しているためとのことです。)

≪現時点の資産評価額≫

≪MSVファンド評価額≫

まだ運用を開始したばかりですが評価損益は+1円となっています。あと「マネラップ(MSV LIFE)」の専用ファンドで評価額を確認することになりますのでファンドの内容(中身)がわかりにくいと感じるかもしれません。


最後にそれぞれのロボアドバイザーの特長(スペック紹介)です。

●各ロボアドバイザーの特長(「 ウェルスナビ(WealthNavi)」「 マネラップ(MSV LIFE)」「THEO(テオ)」「楽ラップ」)

≪ウェルスナビ(WealthNavi)の特長≫

ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用を行う高機能ロボアドバイザーです。

WealthNavi

■提供会社:ウェルスナビ株式会社
■投資対象:海外ETF
■最低投資額:※10万円(通常30万円※現在キャンペーン期間中→2017/11/1(水)〜 2017/11/30(木)12月以降も継続予定)
■トータルコスト(年率):手数料1%(3000万円超の部分は0.5%)+ETF経費(0.11~0.14%)
■自動積立:○(1万円~)
■自動リバランス:○
■スマートフォン対応:◎(専用アプリ)
■クイック入金:○

公式サイト


≪マネラップ(MSV LIFE)の特長≫

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問がロボアドバイザーを活用して投資一任運用を行う新しい資産運用・管理(ラップ)サービスです。

MSV LIFE

■提供会社:マネックス証券
■投資対象:国内外のETF
■最低投資額:1000円以上1000円単位
■トータルコスト(年率):実質コスト1%未満※市場環境で変動の可能性有
■自動積立:○
■自動リバランス:○
■スマートフォン対応:○(ブラウザ)
■クイック入金:○

公式サイト


≪THEO(テオ)の特長≫

THEOは、テクノロジーを活用することで、誰もが、時間や手間をかけることなく、合理的な資産運用を行うことができるサービスです。

THEO

■提供会社:株式会社お金のデザイン
■投資対象:海外ETF
■最低投資額:1万円
■トータルコスト(年率):3000万円未満で1%(3000万以上で0.5%)+EFT経費
■自動積立:○(1万円~)
■自動リバランス:○
■スマートフォン対応:○(ブラウザ)
■クイック入金:―

公式サイト


≪楽ラップの特長≫

日々刻々と変化する投資環境に応じ、米国最大級の資産運用会社であるSSGA社のアドバイスを受け楽天証券が機動的な資産配分のコントロールを実施します。

■提供会社:楽天証券
■投資対象:投資信託
■最低投資額:10万円
■トータルコスト(年率):実質コスト1%未満※市場環境で変動の可能性有
■自動積立:○(1万円~)
■自動リバランス:○
■スマートフォン対応:○(ブラウザ)
■クイック入金:○

公式サイト

QuantX[クオンテックス]

関連記事

  1. (2017.11.27「 ウェルスナビ(WealthNavi)」)投資…

  2. (2018.1.28「全体レポート-その④」)~ロボアドと為替変動リス…

  3. (2018.1.13「全体レポート-その③」)投資一任運用型(全自動運…

  4. (2017.12.13「全体レポート-その①」)投資一任運用型(全自動…

  5. (2017.12.24「全体レポート-その②」)投資一任運用型(全自動…

  6. (2017.12.14「4大ロボアド紹介動画」)投資一任運用型(全自動…

One Tap BUY 口座開設プロモーション
松井証券
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP